逆子の鍼灸メインイメージ

古来より逆子には鍼灸が行われてきており、特に28週~32週の時期に効果が出やすいです。
32週を過ぎても早期に施術を行うことで効果が期待できます。

逆子の鍼灸

逆子の鍼灸治療で自然分娩を目指してみませんか?

一般的に『逆子』が問題になるのは、妊娠8ヶ月くらいで、28週くらいからお灸による治療が可能です。
30週くらいになると赤ちゃんが窮屈になり姿勢も固定し始めます。

28週以降で逆子なら、出来るだけ早く鍼灸を試されることをお薦めします。
逆子の灸治療では、治療開始が遅くなるほど成功の確率が下がってしまい、一般的には35週以降の矯正の成功率は3割以下と言われています。

逆子に対する実績あります

人が本来持つ“自ら病気やけがを治す力(自然治癒力)”
その力を高めるのが鍼灸(はりきゅう)治療です。

医療現場だけでなく、スポーツや美容、福祉など多くの場面で鍼灸は用いられています。
この自然治癒力を活かしたのが「逆子の鍼灸療法」で、当院では28週から出産直前まで逆子に対する施術実績があります。

逆子治療のよくある質問はこちら

患者様の声

22まで元気に営業中!!
お気軽にお問い合わせください
093-883-7607 お問い合わせ
北九州市八幡西区三ヶ森・永犬丸
ガスト 永犬丸店向かい
〒807-0846 北九州市八幡西区里中1丁目6-10
キッズスペース、各種保険、土日診療、夜23時までOK、カードOK、予約優先制
受付時間
9:00~12:00
15:00~22:00
※土日祝 20:00まで ※休診日 第1日曜
クレジットカード、PayPay支払い可能
PAGE TOP