小児はりメインイメージ

お子さんの「夜泣き」「癇癪(かんしゃく)」「アトピー」にお悩みではありませんか?
そんな場合は、小児はりがおすすめです!

小児はりは刺さない鍼です!

「はり」と聞くと子供に鍼を打つの?と思われるかもしれませんが小児はりは刺さない鍼治療になります。お子様の体の反応点を「なでさする」治療です。
痛みは全くなく、鳥の羽でなでられているような優しい刺激が特徴です。

「小児はり」とは江戸時代から続いている鍼灸療法です。
施術時間は5~10分と短くお子様への負担もありません。
施術は、皮膚の状態を診断し専用の道具で摩擦刺激をすることで、自律神経を整え免疫力や内分泌の働きを高めます。
また全身の血液循環が良くなったり、神経の異常興奮を沈め気分が落ち着いたりします。

こどもはりを続けると「よく食べ・よくウンチが出て・よく寝る」健康なこどもになります。

小児はりの適応症

生後1か月~1歳
下痢・発育不良・夜泣き・哺乳力が弱い・鼻づまり・よく泣く・寝てもすぐ起きる・便秘・寝つきが悪い・母乳を飲まない・キーキー言う・アトピー性皮膚炎
1歳~2歳
気管支炎・下痢・癇癪を起こす・おねしょ(夜尿症)発達が遅い・かぜをひき易い・なかなか寝ない・好き嫌いが激しい・あまり食べない・人を噛む・ダダをこねる・鼻炎・落ち着きがない・なかなか泣き止まない・中耳炎・不眠・便秘・夜泣き・アトピー性皮膚炎・キーキー言う
3歳~5歳
便秘・かぜをひき易い・よく熱を出す・おねしょ(夜尿症)アレルギー・喘息・アトピー性皮膚炎・腹痛・気管支炎・発達障害・鼻炎・中耳炎・好き嫌いが激しい・食が細い・虚弱体質・不眠・落ち着きがない・友達をたたく・ダダをこねる・発育不良・幼稚園などに行くのを嫌がる
小学生
アトピー性皮膚炎・ADHD(発達障害)・おねしょ(夜尿症)アレルギー・喘息・夜尿症・かぜをひき易い・扁桃腺炎・頭痛・不眠・不登校・チック証・起立性調達障害(OD)・小児心身症・中耳炎・便秘・腹痛・下痢・虚弱体質・食欲不振

小児はりの適用年齢

小児はり(はり)の適応年齢は、生後1ヶ月(首がすわった頃)〜小学生が適応年齢になります。
小学校の高学年になると通常の鍼の刺激にも対応できるようになってくるので、高学年の子どもには通常の鍼を使うこともあります。

このように、小児はり(はり)は幅広い症状に対して治療を行うことが可能です。

小児はりに関連するブログ

小児はり担当:鷲峰先生
2019/10/04
小児はり担当:鷲峰先生
22まで元気に営業中!!
お気軽にお問い合わせください
093-883-7607 お問い合わせ
北九州市八幡西区三ヶ森・永犬丸
ガスト 永犬丸店向かい
〒807-0846 北九州市八幡西区里中1丁目6-10
キッズスペース、各種保険、土日診療、夜23時までOK、カードOK、予約優先制
受付時間
9:00~12:00
15:00~22:00
※土日祝 20:00まで ※休診日 第1日曜
クレジットカード、PayPay支払い可能
PAGE TOP