スポーツ障害は運動により一回の外力は小さくても、局所に反復して小外傷が加わって発生するものであり、一種の使いすぎ症候群(オーバーユース)です。

これは原因不明の腰痛、膝痛、肩痛など過使用された部位の痛みなって現れ、スポーツの種目に特有な痛みとして生じます。
特にスポーツにおける身体のオーバーユースが原因のものが多いですが、成人だけではなく成長期の子供にもよく起こる障害です。

当院では以上の様なスポーツ障害・スポーツ外傷に対して、スポーツ鍼灸治療を行い治療効果を高めています。